読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマにっき。

とても個人的な映画の感想を書きます。

何をするかではない。何のためにするかだ。~映画【アイアンマン】

f:id:tsumacinema:20170318150557j:plain

ディズニーツムツムならぬマーベルツムツムを始めた旦那さんに、「面白いから見よう。これに出てくる女の人、きっとあなた好きだと思うよ」と言われ、鑑賞しました。見始めて、あっ これ前にみた、と思い出しましたが、大抵そうなのですが内容はほとんど覚えていなかったので、再び楽しんで見ることができました。ちなみに旦那さんが言っていた女の人というのはグウィネス・パルトロー演じるペッパー・ポッツのことで、以前自分ひとりで見た時はたしかにグウィネス・パルトローが気になって見たと思うので、旦那さんの私の好みに対する感覚はさすが当たっているのでした(@_@)びっくり。やせているしキャラが似ているとでもいうのでしょうか?わかりません。

私がこの映画を見て思ったことは、「何をするかではなく、何のためにするか」だな、ということです。

主人公のトニー・スタークは、兵器製造業者です。例えば新しいモノを世の中に作り出した時、「作り出した」ことそのものは、何の影響ももたない。作り出したモノや、生まれた技術そのものは、ただ生まれてそこにあるにすぎないから。それを「何のために、どうするか」を決めて実行する者次第である。

そんなことは当たり前に言い古されていることで、核もバイオテクノロジーも、悪になるのは使い方を決める人間次第であることは誰もがわかっている。そして、人間が決めるとは言ってもそれは決して自分ではなく、遠く離れた上の人というか悪い人というか頭のいい人というかそんな感じの人であり、自分は、教科書的に言えば、良識を持ち知識を深めたり選挙で投票したりすることが、できることでありつとめでもある。

わたしが思ったのは、そうではなくて、例えば日常の仕事であっても、「何のためにするか」だなということです。

ただ「生活費を稼ぐために耐えて頑張る」という人、「なるべく楽にストレスなく仕事をしたい」という人、「成長して素敵な人になっていきたい」という人、「ステータスになるような仕事に就いていたい」という人・・・様々だと思う。

また、同じ仕事をしていても、コピーなどの雑用やお茶くみをしていても、「なんのためにその雑務をしているのか」ということへの意識は、様々だと思う。

そういう日常レベルでの「何のためにしているのか」が、さらに大きな世の中レベルの「何のためにするのか」につながっていくような気がする。一人ひとりが日常レベルで意識していることのグレードの高さ・低さが集まって、世の中の意識のグレードの高さ・低さになるのだと思う。

「何をするか」にはもしかしたら制約があるかもしれないけれど、私たちの頭の中、思考には、何の制約もないのだから、「何を意識するか」「何のためにするか」は、もっとビッグだったりぶっ飛んでいてもいい。それを忘れないことは案外難しいけれど、それが何よりも大切なのだと思いました。

みんな庭をしょっている。~映画 【ガーデン】

映画「ガーデン」をみました。

f:id:tsumacinema:20170220215323j:plain

とってもとっても、好きでした。

日本ではまだあまりその名が知られていない巨匠、マルティン・シュリークの作品。1995年チェコ映画アカデミー賞で、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞助演男優賞の4部門を受賞した。

 という映画で、その良さは折り紙つきです。が、万人におすすめはしません。変わった映画だから、ハリウッド映画のような単純明快・爽快な映画が好きなひとには、おすすめできかねる。わたしは、大好き。

わたしは「セリーヌとジュリーは舟でゆく」や

f:id:tsumacinema:20170220222243j:plain

 去年みた映画では、「インド夜想曲」なんかがすごく好きだった。

f:id:tsumacinema:20170220222853p:plain

この3作品をすべて見た、という人は、はてな広しといえど、いないと思いますが、もしいらっしゃったらとても嬉しいです・・。

系統としては「不思議で心地よい空気の映画(わけわかんない映画とも言う)」というジャンルでしょうか。こんなジャンルにピンときた方には、ぜひ、自信を持っておすすめします。

 

さて、わたしがこの映画をみたわけは、私の今年のテーマが「庭を豊かにし、人を招く」なので、庭にちなんだ映画を探して観てみたのでした。もちろんテーマの「庭」というのは比喩で、家の外の庭のことではないです。

映画を見てふと自分の庭について振り返り、今年も1ヶ月が過ぎたけど、わたしは庭を豊かにしようとはしているかもしれないけれど全然人を招いてないなぁ、と思い、少し愕然としました。むしろ、我欲を満たし自分独りの悦楽のために庭を豊かにしている、人を招くどころか人には内緒でこっそり楽しむために贅を尽くしている庭だ、と思い、罪深く恥ずかしく思いました。自己嫌悪しそうになりました。

そして、この映画の主人公はどうだろう、と考えて、主人公の場合は、人を招いているのでは決してないけれど、次から次へと人がやって来るのだ、そして主人公は面食らいながらも、拒んで閉ざすのではなく、接してしばしの時を庭でともに過ごすのだ、と思いました。

人を自分の世界に招くことができたら素敵なことだと思うけど、あえて招き入れようとしなくても、人と出会い接する時にはみんな自分の世界をしょっていて、それは殺伐とした庭だったり、冷たく固い石のような庭だったり、見た目だけが綺麗に整えられた庭だったり、自然で緑濃く生き生きと数え切れない種類の植物が生命力豊かに生きていて、接するだけでエネルギーとあたたかさを与える庭だったり、力強く美しい馬がいるような庭だったりする。人をあえて招かなくても、人と接する時にはお互いの庭を少し垣間見て、時には一歩足を踏み入れたり、中に招かれて迷子になり、しばし自分を見失ったりしているのだ、と思いました。

そう思って再びこの映画を考えると、主人公は決して庭を捨てず、手入れをし、理不尽なことや変な人が勝手に庭に入っても、自分は自分のままで、ただ接する。そのありようは特別立派でもないし、ただありのままなんだけど、きっとわたしなら、もっと「閉ざす」だろうと思いました。閉ざさないということは、もしかしたら招くことよりも難しく、もしかしたら招くよりも世界が開かれるのかもしれない。

庭を豊かにして、ただ閉ざさずに人と接しようと思います。

無くしちゃった。困った。 ~ 映画【TAXi】

TAXi [DVD]


公開当時の私はこまっしゃくれていたので、こんな軽そうで明るそうな映画はスルーしてた。

今みたら、とても好き。今だから好き。

 

「時期」ってあるよね。何でもそうだけど、昔だったら好きだったろうな、と思うのは少し寂しかったりするけど、逆は嬉しい。昔の私なら好きになれなかっただろうな!と思うのは、なんだか嬉しい。もっともっと長く生きたら、今の自分には想像がつかないものやことを、好きになっているのかな??

 

この映画、とっても楽しく見たのですが、反面、とても胸が痛かった。それは見終わってからも、翌日も、数日先まで続いた。

「その人としたくてしたくてたまらない」と同じ温度で欲している、時。そんな時を、私は、無くしてしまったから。

新婚の夫とは、10年前、付き合い始めたばかりの時、そうだった。とても良かった。

別れて、よりを戻して、同棲して、別居して、結婚した今、もうそれは、無くしてしまいました。

別居の間、私は思いがけず本気の恋をして、そんなふうに、お互い同じ温度だった。とても良かった。

 

夫との「そんな時」も、その人との「そんな時」も、私は無くしてしまった。

結婚生活は幸せだけど、こうして見せられると、とても胸が痛かった。